利用規約をきちんと確かめよう。

悪質なメル友募集サイトの手口に共通するポイントは、個人規約が不明瞭である点です。
メル友募集サイトの規制が厳しくなっている昨今、
悪質サイトは法をかいくぐりながら運営を続けて行かねばなりません。
法に触れることがなければ、取り締まられることなく運営を続けられるため、
誰が見ても分かるような違法まがいの行為をすることはなくなりました。

要するに、個人規約に明記し、登録の際に容認させることで危機を回避する仕組みです。
その段階で、悪質サイトにとって不利な条件は
個人規約に明記はするものの分かりづらくする悪質なサイトは増えました。
具体的には、その手段としては知られている一度に複数サイトに入会させられるシステムです。
しばらく目で追わなければ見つけられないような箇所に
別のサイトにも入会するということが書かれています。
入会する前にすべてに目を通す人は多くないため、
確認することなく、「容認する」をクリックしてしまうこともあるでしょう。
このような形で登録者の承認が下りた形になるので、
問題が起こっても、承認した登録者の責任となってしまいます。

悪質なサイトには、お金がかからないことを宣伝しても個人規約にお金がかかる旨を分かりづらく明記したり、
運営側に不都合な条件を修正することを事前に明記している、
さらに悪質なサイトもあります。
まったくその通りである文章となっていますが、
よく見るととても承認しがたい内容になっている場合もあるので、
適当な条件の書かれた内容には注意しましょう。
大手のサイトなどはきちんと条件が書かれているので安心ですし、頭にとどめておくと役立ちます。

その他記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ